海外で働くために必要な資格

将来は海外で働きたいと思っている学生がいたとしましょう。
そして今から出来る事として、海外で働くために有利な資格を取得したいと思った時に、どのような資格を取得した方が就職に有利に働くのでしょうか?

海外で必要な資格・語学関連の資格について

まず海外で働くのに言葉が通じなければ、仕事になりません。
そこで語学の資格は取得しておいて損はないと言えます。

仮に働く国が英語圏ではなかったとしても、アジア圏でも日本語より英語の方が伝わるケースは多いので、海外で働きたいのであれば、英語は日常生活に問題ないレベルはクリアしておきましょう。
また職種もすでに決めている場合は、専門的なビジネス用語もマスターしておくとさらにポイントは高くなります。

海外で必要な資格・語学以外の資格について

語学の他の資格に関しては、希望する職種によって取得しておくべき資格は変わってきます。
例えば、WEB・ITエンジニア関連の仕事に就きたいと思っているのであれば、情報処理技術者などの資格に加えて、プログラミング言語が扱えるようになっておきましょう。

医療関係の職種に就きたいという場合は、医師免許や看護師免許を取得する必用があります。
ただし医療関係の仕事は命に関わる仕事であり、失敗が許されない仕事です。
そのため言葉の壁が大きいですし、専門用語も覚える必要があるので、かなりの語学力が求められます。

なのでいきなり病院勤務ではなく、最初は青年海外協力隊のプログラムを利用したり、看護ボランティアに参加するなどして、試しに短期間働いてみる事をオススメします。

つまり海外で働くために有利な資格とは、自分がどんな仕事をしたいのか明確にして、語学の資格+働きたい職種で必要な資格を取得しておく必要があります。
そのためただ漠然と海外で働きたいと思っている場合は、まずはどんな仕事をしたいのか明確にする事から始めましょう。

関連する記事