海外で働く現地採用と駐在員の比較

日本人が海外で働きたいと思った場合、現地採用と駐在員として採用されるケースがあります。
この場合待遇は大きく異なりますし、またそれぞれ求人の職種が異なります。
では現地採用と駐在員採用でそれぞれの職種について紹介します。

現地採用で海外で働くケース

あなたが専門スキルがある場合は話は別ですが、基本的に現地採用となる場合は日本人向けのサービスを提供する職種の求人が多くなります。
例えば飲食業だと、海外では日本食がブームになっているので、寿司屋や居酒屋、和食を提供するお店だと日本人の採用が積極的です。

またサービス業だと日本人観光客相手に、ツアーコンダクターやツアーガイドを行う求人があります。
基本的に日本人に人気の観光名所だと、この手の求人が多く大手旅行代理店の仕事を請け負う形になるので雇用も比較的安定しています。

ただし、観光シーズンの繁忙期と閑散期では収入に大きな差が生じる仕事だと言えます。

日本語教師の場合は、日本人向けではなく、現地の人に向けたサービスです。
そのため現地の言葉が全く話せないと、コミュニケーションが難しく教える事が難しいかもしれません。
現在アジア地区では、日本語教育は人気があるので、日本語教師の需要も高くなっています。

ただし、日本語が話せる事=日本語を教えられるという訳ではありません。
日本語を全く知らない人に日本語という言語を教える事は非常に難しいという事を理解しておきましょう。

駐在員として海外で働くケース

駐在員とは現地採用の人と比べて給与と手当が厚いため、人件費が高くつきます。
そのため専門的知識や経験がある人でないと駐在員には選ばれないと言えるでしょう。
なので駐在員として海外で働きたいと思ったら、海外進出している大手企業に就職し、駐在員候補として日本で経験を積む必要があります。

特に海外で仕事をする適性があるかどうかで判断されます。
ちなみに駐在員が多い職種は、金融、コンサル業、WEB関係、メーカー、商社、貿易などの仕事です。
現地の人をまとめるリーダーになる必要があるため、リーダーシップがある人、そして現地の言葉を話し、コミュニケーション能力が高い人が駐在員に向いている人だと言えます。

関連する記事