海外で働くためのスキル

グローバル化社会の中で、今後ますます海外就職を希望する人の数は増加するでしょう。
では海外就職したいという目標がある場合、どのようなスキルを身に着けておけば、実際に海外で働く際に役立つスキルになるのでしょうか?

語学力は必須スキル

英語スキルを身につける

海外就職するために必要なスキルと言われて、真っ先にあがるのは、やはり語学力です。
言葉が通じなくても、現地に行けば必要に迫られて語学力が身に着くはず。
そんなふうに思う人もいるかもしれません。

確かに日本で何年も語学を学ぶよりも、実際に海外で数ヶ月でも暮らしてみる方が語学が話せなければコミュニケーションが取れない訳ですから、必死で習得するでしょう。
ですが、海外の慣れない生活に加えて、仕事を覚えなければいけない状況で、語学も一から覚えるなんて、本当に大変な事です。

そんな苦労を自らしょい込む必要はなく、海外就職をするという目標があるのであれば、国内にいる時に語学力を身に着けておくべきだと言えるでしょう。

もちろん必ずしも海外=英語圏とは限りません。
ですがヨーロッパにしろ、アジア圏にしろ、英語は世界共通語ですから、日本語よりは通じるはずです。
そのためコミュニケーションに役立つという点では、どこの国でも同じです。

海外経験と社会人経験

スキル=資格と解釈する人もいるかもしれませんが、資格ではなく経験もスキルの1つです。
そして海外で働くのであれば、海外経験と社会人経験がある方が、未経験者よりも有利なはずです、
大学によっては、交換留学や短期留学が可能な大学もありますよね。

2〜3ヶ月でもいいので、日本とは違う国で、言葉が通じず、文化や生活習慣が異なる国で生活をした経験がある事は適応能力があるとみなされます。
また学生と社会人とでは、仕事に対する意識が大きく異なります。

日本のビジネスマンと海外のビジネスマンとは同じではありませんが、それでも社会人としてビジネスマナーを身に着けている人と身に着けていない人とでは、スキルに大きな違いがあるとみなされるはずです。

最終学歴は大卒が有利

海外就職する場合、最終学歴が重要になってきます。
有名大学ではなく、三流大学でも学歴って意味があるの?
そんなふうに思う人もいるかもしれません。
ですが、就労ピザが高卒と大卒とでは種類が変わってくるのです。

そして大卒だとH1-Bビザの申請を行う事が可能です。
H1-Bビザだと長期間海外で働く事が出来るため、採用の際にはH1-Bビザを取得している人の方が採用されやすいと言えるでしょう。

自分の得意ジャンルの資格や経験

資格を取得する

そして最後は、自分の得意ジャンルの資格や経験を身に着けている事です。
海外で働くという事は、そのジャンルで人よりも秀でた部分が求められます。
例えばプログラミングのスキルが高かったり、料理のスキルが高かったり、医者や弁護士などの専門職であれば、海外でも高収入を稼ぐ事が出来るでしょう。

スキルはあるに越した事がありませんし、実際に就職の際にも有利に働く事は事実です。
ですが資格も経験もないけれど、海外で働きたいという強い意志とタブな精神、臨機応変に対応出来る行動力、誰とでもすぐに仲良くなれるコミュニケーション力があれば、意外と何とでもなるものなのかもしれません。

実は1番必要な事は、海外のどんな環境やどんな人とでも上手く対応出来る適応力なのかもしれません。
そのため海外向きの性格の人と、海外不向きな性格の人がいると言えます。